2008年07月10日

博多祇園山笠・全流れお汐井とり

7月9日の夕方、博多祇園山笠の全流れお汐井とりが行われました。
P7091364
P7091364 posted by (C)UZOU
P7091365
P7091365 posted by (C)UZOU

7月1日に行われた当番町お汐井とりは、当番町の舁き手たちだけの参加でしたが、今回は山笠の参加者全員が参加しています。
P7091424
P7091424 posted by (C)UZOU
P7091428
P7091428 posted by (C)UZOU

各流れは、それぞれの町内に集合し、石堂橋から箱崎浜までを「オッショイ、オッショイ」の掛け声とともに駆け抜けました。
P7091355
P7091355 posted by (C)UZOU
P7091359
P7091359 posted by (C)UZOU

箱崎浜では、箱崎浜の真砂を持ち帰る筥崎宮のテボも売られていました。
P7091421
P7091421 posted by (C)UZOU

お汐井とりは、最初の大黒流が18時頃に到着し、6つの流が次々に箱崎浜に到着します。
P7091411
P7091411 posted by (C)UZOU
P7091436
P7091436 posted by (C)UZOU
P7091454
P7091454 posted by (C)UZOU

博多祇園山笠の舁き手たちは、期間中の安全を祈願し、箱崎浜の真砂を持ち帰ります。
P7091396
P7091396 posted by (C)UZOU
P7091431
P7091431 posted by (C)UZOU

およそ1時間で数千人の男衆が駆け抜けました。いよいよ10日から山笠が動きます。
P7091474
P7091474 posted by (C)UZOU
posted by UZOU at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 7.09 お汐井とり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

博多祇園山笠・7月1日筥崎宮の光景

7月1日の当番町お汐井とりで、箱崎浜でお汐井をすくってから、各流れは筥崎宮に参拝します。
P7010846
P7010846 posted by (C)UZOU

筥崎宮は1月4日の玉せせりや9月の放生会の舞台にもなる博多の祭に縁の深い神社です。
P7010848
P7010848 posted by (C)UZOU
P7010857
P7010857 posted by (C)UZOU

お汐井とり参加者にお神酒も振舞われていました。
P7010853
P7010853 posted by (C)UZOU

7月9日の全流れお汐井とりでは、10日にいよいよ動きだす舁き山笠をひかえて参加者全員が箱崎浜でお汐井を取りおこないます。
この時は、筥崎宮も法被姿の男衆の姿であふれます。
P7010850
P7010850 posted by (C)UZOU
P7010859
P7010859 posted by (C)UZOU

筥崎宮の参拝を済ませて、各流れごとに参道に集合です。お酒が振舞われていました。
P7010861
P7010861 posted by (C)UZOU
P7010862
P7010862 posted by (C)UZOU
posted by UZOU at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 7.09 お汐井とり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

博多祇園山笠・7月1日当番町お汐井とり

大黒流れの当番町お汐井とりの紹介をしましたが、他の流れの模様も紹介します。
こちらは恵比須流れです。
P7010833
P7010833 posted by (C)UZOU

こちらは西流れです。撮影場所は、筥崎宮花庭園の横の道になります。
P7010839
P7010839 posted by (C)UZOU
P7010841
P7010841 posted by (C)UZOU

法被姿の子供たちの姿も、見かけます。かわいいですね。
P7010844
P7010844 posted by (C)UZOU
P7010867
P7010867 posted by (C)UZOU

お汐井とりの集団にも子供たちが参加しています。各町内から箱崎浜まで走るのはシンドイでしょうね。
P7010863
P7010863 posted by (C)UZOU
P7010864
P7010864 posted by (C)UZOU

東流れの一行、再び箱崎浜での撮影です。
P7010873
P7010873 posted by (C)UZOU
P7010875
P7010875 posted by (C)UZOU

最後だけRAWで撮影してみました。RAWだとデータの読み込みに時間がかかるため、お祭りの撮影では厳しいようです。
P7010880
P7010880 posted by (C)UZOU
P7010879
P7010879 posted by (C)UZOU

7月9日には全流れお汐井とりがあり、10日からはいよいよ山が動きます。
P7010885
P7010885 posted by (C)UZOU
posted by UZOU at 20:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 7.09 お汐井とり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多祇園山笠・7月1日当番町お汐井とり〜大黒流れ

昨日から博多祇園山笠が開幕し、市内各所に設置された飾り山が公開されました。
1日の夕方には、当番町お汐井とりが行われました。
P7010810
P7010810 posted by (C)UZOU

当番町お汐井とりは、舁き山笠の当番町が清めの砂をとるために東区の箱崎浜へ向かいます。
P7010811
P7010811 posted by (C)UZOU

オッショイ、オッショイの掛け声とともに、最初の大黒流れが箱崎浜に到着したのは、夕方の6時頃でした。
P7010814
P7010814 posted by (C)UZOU
P7010817
P7010817 posted by (C)UZOU

今年の大黒流れの当番は、須崎町1区のようです。揃いの長法被姿でお汐井をすくい、テボや升で持ち帰ります。
P7010818
P7010818 posted by (C)UZOU
P7010826
P7010826 posted by (C)UZOU

この日は、博多祇園山笠の初日とあって、テレビ局も取材に来てました。
P7010821
P7010821 posted by (C)UZOU

夕方のニュースでも紹介されたようです。さすがに早いですね。
P7010825
P7010825 posted by (C)UZOU

お汐井を取ってから、筥崎宮にお参りに向かいます。
P7010830
P7010830 posted by (C)UZOU

筥崎宮の参拝が終わってからは、打ち上げなんでしょうね。
P7010847
P7010847 posted by (C)UZOU
posted by UZOU at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 7.09 お汐井とり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

お汐井とり

9日の全流「お汐井とり」は、みそぎの一種で、水法被・当番法被を着て筥崎浜に集合、海中からお汐井(清め砂)を取り、身を清め、櫛田神社に参拝する。
山笠期間中、無事であるように…といosioitori.jpgう祈願と舁き手たちの足慣らしの意味もある。

※お汐井とりスライドショーは、右画像か下のリンクからご覧いただけます。
http://myujin9.web.fc2.com/yamakasa2007/osioitoriss/osioitori.html

法被に締め込み姿の男衆が地元の各町から石堂橋(同市博多区中呉服町)に集合。
15時30分一番山笠を先頭に、七つの流が五分おきに箱崎浜を目指して出発する。
各流は数キロを駆けぬけ、午後六時頃から、筥崎宮の参道を抜け続々と箱崎浜へ到着。
波打ち際でお汐井をすくい、箱崎宮に期間中の安全を祈る。

動画はコチラから↓

千代流 http://www.youtube.com/watch?v=zXZBEA17dTA

恵比須流 http://www.youtube.com/watch?v=uES6-gawvx8
posted by UZOU at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 7.09 お汐井とり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。